夏の海遊びをたっぷりしたお肌のそばかす対策にはこれ!緊急対策をほどこそう!

夏はそばかすができやすい

一年で最も紫外線が多くなる時期は、6月、7月です。そばかすができる大きな原因は、紫外線や外部からの刺激となっています。海や山など、外で遊ぶことも多い夏は、紫外線の影響を受けやすく、そばかすができやすいシーズンとなっているのです。

そばかすの原因で一番多いのが、なんといっても紫外線を浴びてしまうことです。紫外線を浴びることで、肌の内部で活性酸素が発生。これが、メラノサイトを刺激し、そばかすの原因であるメラニンが発生してしまいます。

そばかすを作らないようにするには、日頃から日焼け対策や紫外線対策をしなければいけません。夏の海遊びを満喫し、紫外線をたくさん浴びてしまい、そばかすができてしまった人のために、緊急でできるそばかす対策を紹介したいと思います。

すぐにできる夏を満喫した後のそばかす対策

・肌のターンオーバーを乱さない

メラニンは皮膚のターンオーバー(皮膚が生まれ変わる代謝のサイクル)によってはがれ落ちます。寝不足やストレスなど、バランスの悪い食事など、生活習慣の乱れは、ターンオーバーを乱れさせる原因になります。そして、顔をゴシゴシ洗ったり、洗浄力の強いメイククレンジングなどは、ターンオーバーの乱れや肌がダメージを受けてしまう原因となるのでNGです。

・ピーリングで古い角質をこすり取り

肌のターンオーバーを正常化するために、肌表面にたまった古い角質をピーリングで一層することで、そばかすを目立たなくなるすることができます。しかし、ピーリングは間違った方法で行うと、肌がキレイになるどころかトラブルの発生源になることも。プロの理容師のシェーピングに任せることで、古い角質をキレイに除去、くすみがなく、やわらかく仕上がりになります。そばかすを緊急で対策したい方にこそ、おススメです。

© Copyright Freckle Deterministically.All Rights Reserved.