子どもとプール!遊園地!夏休みに外出が多めだった方にはこんな対策がおすすめ

ふと鏡を見るとそばかすが!夏の紫外線を溜めないお肌作り

子供のいる家庭では夏はプールや遊園地、帰省や旅行などでなにかと外出の機会が多いもの。夏にお肌に蓄積された紫外線が鏡を見たときには取り返しのつかないシミやそばかすになってしまうことも…。そんな不安を解消するためにはまず、何かと忙しかった生活習慣から改善してみましょう。子供の世話や夏の暑さで疲労やストレスが溜まってしまっている方もいらっしゃるかと思います。そうなると女性ホルモンの乱れからお肌の調子が悪くなってしまったり、紫外線と反応してシミやそばかすを引き起こしてしまうホルモンの分泌が過剰になってしまうこともあるのです。そうならないためにも日頃から肌のゴールデンタイムといわれる夜の22時から2時までの間に就寝し十分な睡眠をとり、趣味やリラックスできる自分だけの時間を作ってできるだけ疲労やストレスをためない生活習慣作りが大切です。

食生活から改善!そばかすが出る前に体の中からお肌を活性化

紫外線を受けてダメージを負ってしまったお肌を回復させるには体の中から改善することもとても大切です。例えばビタミンCはお肌の天敵メラニンが作られるのを抑える働きがあり、ピーマンやトマト、バナナなどスーパーなどでも季節を問わず入手しやすい食品に多く含まれていますので野菜嫌いのお子様には申し訳ないですが、きれいなお母さんのためちょっとだけ協力してもらいましょう。また紫外線により傷ついてしまったお肌の細胞の再生に必要なビタミンEは、大豆や魚介類などに多く含まれるため豆腐やお刺身などが理想的な食事といえます。これからの秋にかけての季節は食欲の秋ということでいろいろな食材の旬でもあるのでぜひこの機会に美味しくてお肌にも良いとっておきのレシピを考えてみるのもいいかもしれませんね。

© Copyright Freckle Deterministically.All Rights Reserved.