普段の生活の中に潜む、そばかすの原因!

そばかすの原因は紫外線!予防するには?

そばかすの原因となる紫外線には2種類あります。一つはUVB(レジャー紫外線)と呼ばれるもので、短時間で皮膚が炎症を起こしてしまうほどエネルギーが強い紫外線で、海に行った時に起こる夏の日焼けの原因になます。もう一つはUVA(生活紫外線)で、UVBのような強いエネルギーは無いがUVBの10倍の量が一年中降り注いでいます。したがって、日常生活の中で常に浴びています。
紫外線を浴びると肌表面の表皮にあるメラノサイトという細胞から、肌を保護するためにメラニンが作られます。普段は活発な新陳代謝により、メラニンを含んだ細胞は垢と一緒に剥がれ落ちるのですが、過剰に紫外線に当たったり、新陳代謝のリズムが崩れるとメラニンが皮膚に残ってしまい、やがてしみやそばかすになってしまいます。
以上のことから、普段の生活からUVカットのクリームをぬったり、帽子や日傘、長袖の服、サングラスなどで紫外線をカットしましょう。

そばかすの原因は体内環境にもあった!?

男性より女性の方がそばかすになりやすいのは、男性にはないプロゲステロン(黄体ホルモン)に原因があります。
プロゲステロンは妊娠を継続させる働きがあり、生理前や妊娠初期に特に多く分泌されます。このプロゲステロンは紫外線に敏感に反応し、色素細胞を刺激する働きがあるのです。また、疲労やストレスにより色素細胞を刺激するホルモンの分泌が増すことから、普段から規則正しい生活を送り、ストレスを溜めないことが大切なのです。
また、体の中からそばかすができにくい環境を整えることも大事で、食生活で改善する事ができます。
肌を活性化させるコラーゲンは手羽や豚足などに多く含まれていますし、コラーゲンの生成を助け、メラニンの生成を抑えるビタミンCは苺やレモン、ピーマンなどに含まれています。細胞の新陳代謝を助け、メラニンの排出を促進するL-システインは牛肉や牛乳、さけに含まれており、これらをバランスよく摂ることも大切です。

© Copyright Freckle Deterministically.All Rights Reserved.