そばかすが肌に染みついていく仕組みって、どうなってるの?

そばかすの原因と悪化する理由

シミにはいろいろな種類がありますが、そばかすは医学的には「雀卵斑」と呼ばれる症状です。肌に茶色の1~4mmほどの斑点になる症状で、鼻や頬を中心に現れます。悪化すると胸元のデコルテや肩、首などの部分にできやすいという特徴もあります。
そばかすの主な原因は遺伝によって引き起こされると考えられていて、正しく言えばそばかすができやすい肌の体質を遺伝することでできてしまいます。体質によっては思春期にでき始め、その後自然に消えることもあるとされています。遺伝で引き起こされるため、改善するのは難しい症状です。
思春期を過ぎても消えないという場合には、紫外線のダメージが蓄積されていることや、生活習慣の悪さが原因です。
他にも悪化させる原因はいろいろなものがあり、悪化させないためには日常から注意が必要となります。

悪化をさせない対策とは

そばかすが悪化する原因は、多くの場合紫外線ですので紫外線対策をしっかり行うことが重要です。
紫外線は夏だけではなく、1年中降り注いでいるため冬でもしっかり対策してくことをオススメします。外出するときには必ず日焼け止めを塗り、首やデコルテまでしっかりケアしてこまめに塗りなおす、日傘やサングラス、帽子などで紫外線を防ぐなどの対策を行えます。
また、生活習慣の悪さも悪化させる原因です。
ホルモンも関係してくるため規則正しい生活を心がけ、メイクを落とすときには優しくクレンジングを行い、洗顔料はよく泡立てて使います。
ビタミンCやビタミンEなどを多く含んだ食材を意識してバランスの良い食事を心がけることも大切です。

© Copyright Freckle Deterministically.All Rights Reserved.